下町観光に向く浅草の宿

下町情緒あふれる浅草の宿は、昔の東京のような街並みが残っていながら、近代的な風景も一緒に見られるという独特の雰囲気がある街のなかにあります。古いものと新しいものが混じり合って存在しているのがこの街の魅力で、浅草の宿に宿泊したらそのような土地の魅力を楽しむことができるでしょう。古き良き日本の雰囲気を感じられる寺の付近には、大きな提灯が印象的な門があり写真映えのするスポットとして人気を集めています。またその門から宝蔵門まで向かう間にある仲見世通りは250メートルほどあり、両側に多くのお店が立ち並んでいる楽しい商店街です。

江戸時代の頃も今のように小さなお店がいくつもあったのだそうです。雷おこしや揚げまんじゅうなどのお土産を買うのにも適しています。浅草の宿に泊まる際には、墨田区押上にある新しい名所となっている電波塔も合わせて立ち寄ると良いかも知れません。浅草からは電車で1駅なので気軽に移動することができます。

2012年に開業したこのタワーは高さ634メートルで、地上450メートルの展望回廊からの眺望を楽しむことが可能です。浅草の宿のなかには、客室からこのタワーを望むことができる立地になっているところもあり、人を惹きつけるポイントとなっています。都会的な夜景を見ることができるので、ロマンティックに過ごしたカップルにもおすすめです。客室から見えない場合でも、併設されているホテルのレストランから見られることもあります。

浅草の宿のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *