浅草寺の誕生を祝う行事 本尊示現会

毎年3月18日におこなわれる浅草寺本尊示現会は、浅草寺や町の誕生を祝う大切な行事です。浅草寺縁起によれば、推古天皇の36年、隅田川の下流の宮戸川で漁をしていた檜前浜成と竹成という漁師の兄弟が、投網のなかに光る仏像を見つけ、これを土地の長である土師中知に見せると聖観世音菩薩の尊像であることがわかったということです。土師中知は自ら出家してこの像を祀り、これが浅草寺の起源となったと伝えられています。このご本尊の至現に関わった檜前浜成・竹成兄弟と土師中知は、後に浅草神社の御祭神として祀られました。

示現会は、年に一度この三体の神霊が本堂を訪れ、聖観世音菩薩像と対面を果たすという行事です。現在5月におこなわれる三社祭は江戸時代までは、3月18日を中心におこなわれていて、この対面もお祭りの行事の一部でした。3月17日の夕刻に、3体の神霊がのった神輿は、高張提灯や篝火、松明の灯りといった厳かな光の中を本堂に向かい、階段を上って堂内に上げられます。ご本尊と対面し一泊した神霊は翌朝本堂から下げられ帰っていきます。

堂下げにともなって、田楽の一種であるびんざさら舞が奉納されます。びんざさら舞は東京都の指定無形民俗文化財です。また、古式豊かな祭礼行列がおこなわれ、境内では金龍の舞が舞われます。この舞は寺の縁起に「観音示現の時、天から金龍が舞い降り一夜にして千株の松林ができた」と書かれていることにちなむもので、全長18mの黄金の龍が勇壮華麗な舞を繰り広げます。

また、神社の神楽殿では、巫女の舞も奉納されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *