日本の歴史を垣間見る浅草の年間行事

様々な歴史的建造物や文化に触れることの出来る浅草。今では、日本人のみならず外国人観光客からも大変人気の観光地となっています。そしてここでは、一年を通して色々な行事が行われていますので、主な行事をピックアップしていきたいと思います。まず、1月の浅草寺での初詣は、毎年沢山の参拝客で大変な賑わいとなります。

正月の三が日だけでも290万人以上の参拝客が訪れるとか。2月になると浅草寺での豆まきが行われ、多くの有名人や芸能人などが参加されています。この光景は、テレビやニュースを見てご存知の方も多いと思います。3月には、長さ約18メートル重さ約88キロにも及ぶ巨大な金龍を操った、金龍の舞が行われます。

5月には、浅草神社で700年以上も続いているという三社祭があります。街中のいたるところから威勢のいい掛け声と歓声が響き渡るそうです。7月は、みなさんもよくご存知の隅田川の花火大会があります。とても歴史のある花火大会で、約2万発の花火が上がるそうです。

11月には、商売繁盛にご利益があると伝わる酉の市が開催されます。鷲神社、鷲在山長國寺エリアで行われ、当日は24時間、一日中露店が出ています。12月には、羽子板市が開催され、毎年12月17日~12月19日に浅草寺の境内で開かれる縁日で約、50店もの屋台が出るそうです。この様に毎年様々な歴史のある行事が行われています。

是非機会があったら参加してみたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *