昔の東京が残る浅草の行事

東京にはいくつもの観光スポットがあり、浅草も定番の東京の観光スポットで、常に国内外からの大勢の観光客で賑わっています。昔ながらの東京が残っているエリアでもあり、仲見世通りには伝統的な手工芸品や飲食の屋台が立ち並び、スリルとレトロ感のある乗り物のある遊園地など、さまざまな楽しみ方ができるのも魅力です。そんな浅草には年間を通じてさまざまな伝統行事があり、最も有名なのは三社祭と隅田川の花火大会です。三社祭は江戸三大祭のひとつであり、日本を代表するお祭り行事となっています。

浅草で一番活気づく初夏の風物詩で、氏子各町大小約100基もの神輿が集合するのが最大の見ものです。このお祭り期間中は、さまざまな屋台が出品され、お祭り一色となります。毎年7月の最終週土曜日に開催される隅田川花火大会も浅草名物の行事です。1733年から始まり第一会場と第二会場合わせて約2万発の迫力満点の花火が大空を輝かせます。

東京都内で一番有名な花火大会でもあり、約100万人もの観客で賑わい、同時に花火コンクールも行なわれています。この有名な行事のほかにも、毎年8月下旬に開催される浅草サンバカーニバルコンテストも夏を締めくくる一大イベントです。サンバのリズムに合わせて、色鮮やかなコスチュームを装ったダンサーたちが、馬車道通りから雷門通りを踊りながら練り歩きます。熱気のあるパレードは本場さながらで、パレードコンテストでは熱い戦いが繰り広げられるのでその迫力も見ものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *