海外航空券の上手な使い方

海外旅行に一人で行く場合は、パックツアーで行くよりも自分ですべてを手配した方が安く上がる場合が多くあります。たいていのメジャーな都市であれば、格安航空券やLLCで航空券を購入して、ホテルを自分で予約した方が自由がきいて便利です。特におすすめなのが、周遊での海外航空券の購入です。何度も海外に出かけようと思うとなかなかお金や労力がかかりますが、時間があるときでしたら、まとめていろんな国を周遊したり、いろんな都市を周遊すると気軽にいろんな国や都市をおとずれることができます。

例えば、台湾と中国や香港、韓国とヨーロッパ、タイとベトナムなどパターンは多くあります。特に韓国は欧米へ行く便がかなり多く出ています。海外航空券を手配する際に乗り換えに数日余裕を持たせるだけで、2か国分の観光を楽しめることになりますし、場所によっては時差の調整にもなるので、おすすめです。他にも行った先での国内の周遊もおすすめです。

日本と行先の往復運賃にちょっと金額を加えるだけで、いろんな都市を旅することができる場合も多いです。パックツアーだと1都市になってしまうことが多いですが、航空会社のホームページで自分で海外航空券をアレンジする場合は、周遊のところで色々調べてみると旅行の幅が広がって面白いです。注意が必要なのは、格安航空券やLCCを利用する場合は、運休になった場合の条件等をしっかり調べてから出かけることをお勧めします。払い戻しができなかったり、後続の便に乗れなかったりが航空会社や購入する条件によって大きく変わってきます。

手頃に海外航空券を購入しても、トラブルで出費が増えるのでは意味がないので、トラブルが起きた場合の対応を別途考えておいた方が安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *