海外航空券の予約について

海外に行くケースは主に海外旅行(留学を含む)又は海外出張・研修です。その際にどの航空会社を選び、どの代理店から予約するかにより、また、出国の時期や日付、時間帯によりチケットの価格が異なります。大手の格安海外航空券を予約するにあたって、以前は大学の生協の旅行センターやIHSが有名でしたが、最近では各社の競争が大変激しくなったことから、JTB等でも結構安かったりします。安い海外航空券をゲットするためには、週末のはじめの出国を避けること、特に金曜、土曜を避けることです。

逆にいうと、日曜や月曜に出発するなら値段が安く、週の半ばである水、木あたりなら一番安いと思います。次に、例を挙げて説明します。羽田から金浦、成田から仁川という韓国ルートを2つをみてみます。韓国では大手航空会社として大韓航空とアシアナ航空の2つがあります。

日本でチケットを購入する場合には、このどちらかを予約するのがよく、まれに他社のチケットが安い場合もあります。逆にJALやANAの日本大手を使うと割高になります。一方、韓国でチケットを予約、購入する場合には信頼と値段が逆転します。つまり、韓国内で人気のある大韓航空とアシアナ航空は相対的に高額なので、JALやANAにする必要があります。

ちなみに、羽田から金浦はANA、成田から仁川はJALのように住み分けがされているので選択は楽です。また、クレジットカードのマイルをためたり、ラウンジの利用まで考慮して海外航空券を予約したらより利便性を追及することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *