Skip to content

両国の整形外科で行われている内視鏡手術

整形外科には腰痛やリウマチなどの他に、脊髄の異常による疾患で多くの患者が訪れています。両国のクリニックには、整形外科の一部門として脊椎外科があり、感覚障害や手足のしびれなどについて精密検査を行っています。脊髄や坐骨神経が圧迫されると手足のしびれが痛みに変わり、さらに首や腰にも痛みが広がっていきます。進行すると歩行障害が起きることもあるため、早めに診療を受けることが推奨されています。

脊椎や脊髄の疾患は高齢者がかかるケースが多く、両国のクリニックでは脊椎手術も実施されています。しかし高齢者は体力がないことが多いため、なるべく負担の少ない手術を導入しています。対応の疾患は、腰椎椎間板ヘルニアや脊椎圧迫骨折などです。また、これまで行われることの多かった脊椎固定術は、広範囲の手術のため出血も多く、術後は激しく体力を消耗しました。

しかし両国の整形外科で行われている内視鏡手術は、身体への負担も少ないため、高い評価を受けています。この方法では直径16mm程度の管を挿入して、手術を行います。この場合、周辺組織への影響が最小限に抑えられるというメリットがあります。また脊椎手術に不安を感じる患者が多いため、両国の整形外科では前もって患者と家族に詳しい説明を行い、不安を取り除いています。

そして十分な理解を得た上で、手術を行っています。不明な点や不安なことがあれば、気軽に担当医に尋ねることができるため安心です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です