Skip to content

肩こりが両国で治らないときは整形外科で診てもらう

オフィスで一日中パソコンに向き合って仕事をしていると、肩に負担がかかるので、帰宅する頃にはずっしりと重く感じたり、痛みに悩まされることがあります。入浴中にマッサージをしたり、湿布を貼るなどの対処を行っても効果がないときは、両国の整形外科で診てもらうようにしてください。肩こりを軽く感じている人は多いですが、ひどくなると腕を上げられなくなるので、そうなる前に治すことが大切です。肩こりの原因の多くは血行不良なので、両国の整形外科に行くと、マッサージ療法や温熱療法、運動療法など、血の巡りを良くするための治療が行われます。

マッサージ療法を受けると、凝り固まった筋肉の緊張をやわらげ、血流を改善できるので、肩こりの症状が和らぎます。温湿布などで患部を温めるなどの温熱療法を受けたり、ストレッチなどの運動療法を受けることでも血行が良くなるので、通院を続けていくうち、体が楽になっていくでしょう。マッサージなどの施術は整体院やマッサージサロンでも受けられますが、両国の整形外科に行けば薬物療法が受けられるので、重度の肩こりの症状を緩和できます。筋弛緩剤を使えば肩の緊張をほぐせますし、鎮痛消炎剤を使えば痛みを和らげられます。

局所麻酔剤を注射すれば、血管が拡張して血液の循環が良くなるので、疲労物質や痛みの原因物質が排出されやすくなります。薬による胃腸障害などの副作用が心配な方には漢方を処方するなど、お医者さんはそれぞれに合った治療法を考えてくれます。悪化すると治りにくいので、肩こりが長引く方は診察を受けるようにしてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です