Skip to content

表参道の整形外科で働くやりがい

それぞれのお仕事でやりがいなどの良い面があるように、表参道の整形外科で働く場合も良い面があります。それは、看護師の目から見て患者が回復していく様子が目視確認できるという点です。整形外科なので訪れる方は骨折といった症状で骨に異常があったり筋肉に異常が見受けられます。そのため、回復の様子に応じて寝たきり状態であったのが車椅子に変化し、最終的には歩けるようになるまで見届けられるのです。

自分が担当している方であれば、まるで自分の事のように嬉しくなる瞬間と言えるでしょう。また、1日の中で小さな喜びが多いのも整形外科ならではと言う事ができ、ベッドの上で寝返りさえ行えなかった方が看護や治療のお陰で寝返りができるようになったり、ベッドの上で起きる事ができるようになると一気に表情が明るくなります。また、車椅子に自分で乗り換えることが可能になり移動できると、トイレなども自分で行くことができるようになります。表参道の整形外科であれば、外に出ると日常の音が聞こえてくるので社会の一員として過ごしている喜びが感じられます。

こうした一つ一つの事柄を喜ぶ患者の表情を見る事ができるのは整形外科という科ならではです。そして、対応するのは高齢者に限らず年齢層が幅広いので自分の年齢と高い人をお世話する事になる可能性が高いです。公私混同は好ましくないですが、世間話をしてあげる事で喜ばせやすくなります。看護の最中に表参道にできた新しいお店の話を振ってみても良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です