Skip to content

表参道にある整形外科での業務内容

表参道の整形外科で看護師として勤務する場合は業務内容が気になりますが、外来と病棟で内容が若干異なる事を覚えておきましょう。病棟で勤務する場合は一般病棟と基本的な業務内容が同一です。具体的にはバイタルサインを調べたり、医師が行う診療のサポートや検査時の患者の介助などです。必要な場合は点滴を行ったり採血や薬の処方といった医療処置も行う事になります。

当然医療業務なので清潔を保つためのケアや食事が困難な患者の介助を手伝う事もあります。このように実態を知ると整形外科らしい事が存在しないように感じられるのですが、時には他の科では行わない事も行います。それは、ギプスを固定させたり交換するといったもので、整形外科ならではの医療行為であると言えます。同じく包帯を交換するといった事は1日に何度も行われるので、表参道の内科などで活躍している看護師には身につかない技術が得られます。

また、整形外科に訪れる方は手や足を骨折しているので移動する場合も一人では行えないケースが多く、補助してあげる必要があります。トイレなどに行く時も逐一お手伝いすることになるので、サポートする場面はあらゆる科の中で最多でしょう。そこで、表参道の整形外科では積極的にリノベーションが行われており、これまで手助けが無ければ移動できなかった場所が一人で移動できるようになっています。段差があった場所を緩やかな傾斜にしたり、扉を自動にする事で単独でも難なく動けるようになったのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です